ニキビ化粧水で治る?ニキビ跡がシミになってしまった場合の対策

ニキビは治ったものの、肌に茶色いシミが残ってしまった…というケースもあります。これは、色素沈着タイプのニキビ跡ですね。

色素沈着タイプでもニキビ跡には、大きく分けて2つの種類があります。 1つ目は赤いもの、2つ目が茶色いものです。どちらに該当するのかによって対策も違ってくるので、チェックしてみてください。

まず、赤色の色素沈着が発生してしまった場合、これはニキビによって肌が炎症したり、化膿したために毛細血管が破壊されて出血が起こっている状態です。

この場合の効果的な改善法は、ビタミンC誘導体を含む化粧水やイオン導入を選択すると良いでしょう。

ニキビ化粧水のおすすめ人気ランキング!

次に、茶色いタイプの色素沈着は、メラニン色素も沈着によるものである可能性が高いです。メラニンといえば、日焼けをした際に肌が黒くなる原因にもなる色素なのですが、炎症などの刺激を受けた際に肌を守るために分泌されます。

ニキビが悪化してしまうと肌の細胞が壊れるのですが、その際に肌の新陳代謝機能がうまく働かない状態になってしまい、メラニンが過剰分泌されてしまうことがあるのです。

茶色いタイプのシミになってしまった場合、そのまま放置していたとしても劇的な改善は期待できません。そのため、しっかり対策を取っていきましょう。

肌の新陳代謝機能であるターンオーバーを促進することが重要になってくるので、新陳代謝を活発にするのに効果的なレチノールを取り入れていくと良いでしょう。

これはビタミンAの一種のことなのですが、肌が新しく生まれ変わるのを手助けしてくれます。
デクレオール

色素沈着してシミになってしまった場合のニキビ跡は飲み薬や塗り薬などの対策を取っていくのがおすすめです。

特に、若い方に比べると高齢の方のほうがターンオーバーの周期が長く、一度できたシミがなかなか改善しにくい状況にあります。

放置しておいても薄くなる場合がありますが、それまでには何年もかかってしまうケースもあるため、できるだけ早くニキビ跡を改善したいと思っている方もしっかり対策を取っていきましょう。

ニキビ跡を隠す厚化粧は逆効果!

ニキビが気になるからといって、ファンデーションやコンシーラーを厚塗りして隠してしまうのはおすすめできません。 というのも、化粧品が肌に与える刺激というのは大きく、塗り重ねることにより肌にかなりの負担をかけてしまうからです。

例えば、ファンデーションを厚塗りした肌というのは皮膚呼吸が難しくなってしまいます。 皮膚は、しっかり呼吸をすることにより、この状態を保つことができるため、ファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまうと肌状態が悪化してしまうのです。

特に、ニキビができやすい方の肌はとても敏感な状態になっており、疲れています。 このような状態で厚塗りメイクをしてしまうとニキビの再発や悪化につながってしまう可能性があるため、注意しましょう。

それに、クレンジングも肌に大きな悪影響をもたらします。 ニキビができて敏感になっている肌にクレンジングを行ってしまうと肌に負担をかけることになってしまうため、できればメイクをしない方が良いのです。

ですが、女性の場合、なかなかそうはいきませんよね。 そこでおすすめなのが、ニキビ肌にも使える商品です。

ファンデーションやコンシーラーの中に持ってニキビを悪化させない成分で作られたものがあります。 こういったものを取り入れていけば、ニキビに負担をかけることなく上手に隠すことができるでしょう。

ニキビを隠すためといっても、成分の強い濃いものを使ってしまうのはおすすめできません。 こういったものを使うと高確率でニキビは悪化してしまいます。

ファンデーションやコンシーラーのみで無理に隠すのではなく、上手にカラーコントロールを取り入れるなどしてニキビを目立たない状態にしていきましょう。

他には、ニキビができているポイントとは違うポイントに視線を持ってくるという方法も効果的です。 例えば、おでこのニキビが気になるようであれば少し濃いめのリップを使って口元に視線を集中させるなどの方法があります。

帰宅後はできるだけ早くメイクを落とし、メイクは肌に与える悪影響を少しでも抑えましょう。

皮膚科で行われるニキビ治療の内容とは

ニキビは皮膚の疾患であるため、できれば皮膚科で治療を受けるのが好ましいです。 できるだけ短期間でニキビを改善したいと思っている方も皮膚科に相談をしてみると良いですね。

ただ、一度も皮膚科にニキビ治療目的で行ったことがないという方の場合、どのような治療が行われるのかわからず不安に感じてしまうかもしれません。

一般的に、抗炎症剤を使った方法か、抗生物質を使って治療を行っていく形になるでしょう。 まず、抗炎症剤についてですが、こちらはニキビの炎症を鎮めたり、痛みを抑える働きを持っています。

抗生物質はニキビの原因菌を死滅させたり、抑える働きを持っているもので、ニキビ以外の様々な感染症などにも使われていますよね。

注意しなければならないこととして、抗生物質を長く使い続けると細菌が薬剤耐性を持ってしまい、抗生物質が効かない状態になってしまいます。

これはとても危険なことであるため、抗生物質をニキビ治療に取りいれる際には医師の話をよく聞き、正しい方法で治療を行って行かなければなりません。

また、抗生物質を使った治療は妊娠中には使用できないため、妊娠の可能性がある方は病院に行く前に確認しておいたほうがいいでしょう。

場合によっては皮脂分泌抑制剤を使うこともあります。 これはその名の通り皮脂の分泌量を抑える治療法のことです。

ニキビができてしまう大きな原因は毛穴に皮脂が詰まることにあるため、必死の過剰分泌状態にある方は皮脂分泌抑制剤を取り入れてニキビの根本的な原因を取り除いていきましょう。

具体的にどのような治療法が選択されるかというのは、医師によっても違ってきます。 治療について分からないことがある場合は、事前によく確認しておいた方が良いですね。

また、保険が適用になるかどうかというのも治療によって違うため、治療にかかる総合的な期間や費用についても事前に確認しておくのがおすすめです。

自宅で間違ったセルフケアを続けていてもニキビがなかなか良くならないものなので、皮膚科やクリニックなどで専門的なケアを受けることも検討してみると良いでしょう。

メニュー

ページの先頭へ