間違った知識は肌トラブルの元!

ニキビ化粧水-ニキビケアの間違った知識に注意

できれば無縁でいたい大人ニキビですが、突然現れるものでもあります。普段気をつけてケアしていた事が、実は大人ニキビを生んでしまう手助けをしていた、そんなこともあるようです。

例えば「小まめな洗顔を行う」。確かにお肌を清潔に保つことは、大人ニキビを作らないための大切なことですが、洗顔を頻繁に行うことによって、お肌にダメージを与えてしまうことは少なくありません。

お肌に必要な皮脂まで排除してしまい、お肌の防衛機能を弱体化させてしまう恐れがありますし、デリケートなお肌にしてしまうリスクも高まりますし、お肌が足りなくなった皮脂をフォローしようと過剰な皮脂分泌を行うことも考えられるでしょう。

今以上に脂性肌になってしまう事で、ニキビを生んでしまうことも多いのです。
ニキビ跡消す-ニキビの種類について

またハンドメイド石鹸を使った洗顔も危険です。乾燥肌や敏感肌の方の中には、無添加の手作り石鹸を愛用されている人も多いと聞きますが、その際には使用されている油に関して気をつけてください。中でもオリーブオイルを多く使用されている石鹸は、アクネ菌を増加させてしまう可能性もあります。オリーブオイル含有のオレイン酸はアクネ菌の大切な栄養素です。

オリーブオイルのほかにも椿オイルの中にもたくさん配合されているものですが、皮脂と酷似した造りのためにお肌との相性がよく、潤い保持やアンチエイジング効果も期待できるため、化粧品やヘアケアアイテムの素材として利用させる事が少なくありません。但しアクネ菌とは相性がよすぎるためにニキビケア中の方には向いていないのです。

洗顔時のスクラブとピーリングにも注意が必要となります。お肌に蓄積された不要な角質を除去し、代謝を促すことの出来るスクラブですが、気をつけないとお肌にダメージを与え、ニキビの増加や悪化を招くことになってしまうようです。直接ニキビへのスクラブ活用は止めて下さい。

また使用する際には柔らかく細かめのスクラブ粒子をチョイスしましょう。方法はお肌をぬらし、優しく注意深くゆったりと指のお腹を使ってスクラブします。粒が大きめのスクラブを利用する際には、細かい粒子のものを利用するときよりももっと、柔らかいタッチで行う事が求められます。

マッサージやエステはニキビが生まれている際、お勧めできるか出来ないか、意見の別れる項目でもあります。もしも迷っている場合は、皮膚科のお医者様などに尋ねてみてください。またエステによってはニキビが存在している際は、マッサージを行なわないところが多いですし、赤みのあるニキビのケースではダメージを与えてしまうことからマッサージはお勧めできません。

洗髪方法に関しても、注意が必要です。例えば天井を向いてシャンプーをするケースではお顔や背中にシャンプーが残留しないようにしっかり洗い流す事が求められますし、床を向いてシャンプーするケースでは、フェイス周りや首に掛かるシャンプーなどの洗い残しに注意が必要です。シャンプーやリンスがお肌に残ってしまうと、ニキビ発生へと繋がることも考えられます。

ところで大人ニキビが生まれてしまった時に思わず潰してしまった、という経験をお持ちの方は多いようです。ですが潰してしまうと皮膚を構成する組織や、毛穴周りの奥にある真皮へとダメージを与えてしまいます。

そうなるとニキビ跡になり、今度はニキビ跡の改善に時間がかかってしまうでしょう。ニキビが出来たら触らず潰さずがセオリーです。もしも手に付いた菌がニキビに付着してしまうと、ニキビを進行させてしまいます。無意識に触れてしまうことのないよう気をつけてくださいね。